ピアノ選曲は範囲を限定しましょう

ピアノ上達法

 楽譜選びってすごく楽しいですね ユーチューブで誰かの演奏を聴きながら、これが弾けたらなぁ〜とアレコレ妄想しながら、その場で楽譜を買ったり、本を注文したり。1時間2時間なんて、あっという間に過ぎてしまう。実は、私もピアノの横に山積みしてます、パラパラって開いただけの曲集が、、、

 そうです、特に初級の方にとって、楽譜選びは時間とお金の無駄です 宝くじ買って、妄想しているのと何ら変わりません 楽譜選びにいくら時間を費やしても、ピアノは上手くなりません

 でも、曲の数って天文学的ですよね、自分の好きな音楽家や曲もあまりに沢山 同じ曲でも編曲者も沢山おられて曲の感じも人それぞれ違う 選びきれませんよね、だから貴重な時間を使ってしまう 妄想は現実逃避の快楽です

 提案としては、今貴方が練習しているその曲です

 自分で納得して練習しているんですから大好きなはずでです だから、その作曲者か、編曲者か、演奏者(歌い手)、又はその曲が流れていた映画の挿入歌などで選曲を限定してしまいましょう 或いは、先生に決めてもらいましょう 先生が決めてくれる曲は、貴方に合う音楽性と、貴方にこれから必要な演奏技術が詰まった曲だと思います

 私は今年から発表会の曲を、大好きな作曲家 加古隆さんの曲に限定して練習中です

 楽譜選びは楽しいけど、早めに切り上げてピアノ弾きましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました