レパートリー1曲目をより音楽的に 

ピアノ初心者

 いつでも弾ける曲をいくつか持っておきましょうって、よく言われますね 大人、特に50代以上の方にとって、何曲も持つのは難しいですね でも、ちょこっと弾ける曲があると幸せです 気分転換にもなります、もちろん練習にも でももっと大切なことは 貴方の1曲を貴方らしい音楽的な演奏に仕上げていくことだと思います 

 ピアノ初心者にとって、たぶん最初のレパートリーは初めての発表会の曲だと思います 発表会で演奏した曲は、努力と時間が詰まった宝物です ぜひ、忘れないよう大事にしていきたいですね

 私のレパートリーは、今年5月に発表会で演奏した1曲(加古隆さん「風のワルツ」)です なお、初めての発表会の曲は、当日以降まったく弾かなかったので、もう忘れて弾けません(もったいない)

 レンタルピアノの個室に入ったら、その曲を必ず最初に弾いてますが、ドンドンよくなっている感じがします、上達しているって感じ 進化中です どうすれば、より美しく響かせれるか(自分が気持ちよくなるためですが)、考えながら弾いてるからだと思います また、暗譜はしていますが、改めて楽譜を見て、我流になってないかも確認してます 初めてのレパートリー、私の宝物 忘れないよう弾き続けたい

 ピアノを続けていると、日課のように淡々と弾いて終わっていると、ふと思うことがあります そこで、貴方のレパートリーが登場です 弾けば弾くほど、貴方のレパートリーは輝いていきます 難しい曲をやっとこさ弾いているのを聞くより(弾くより)、簡単な曲を完璧に美しく弾いているのを聞く(弾く)方が圧倒的に素晴らしい

誰もが弾いたことのある名曲、バッハ「プレリュード ハ長調」、私にとっては初めての発表会の曲ですが、こんな風に弾けるようになるのが夢ですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました