ピアノ体験レッスンで試されるのは貴方です

ピアノ初心者

先生も社会人で感情ある一人の人間です、人生の師となる方かも分かりません、先生には、礼節を持って接することが絶対条件です。

ピアノの先生は幼少の頃から、大人の方々と接しており、礼儀作法にたいへん厳しいです 服装をきちんと整え、マナーを守る、言葉使いに細心の注意を払うのが、音楽世界の当たり前です 音大出たばかりの若い先生であっても、ビックリするほど大人です

出かける前に、シャワーを浴び、髪を整えて、プレスのついたパンツにピカピカに磨いた靴を履く お金をかけるのではなく、清潔感の追求です 事前に歯科クリーニングもしておく位の意気込みでお願いします

自分はどんな曲が好きか、どの曲を弾けるようになりたいか、恥ずかしくても正直に話してください ジブリを弾けるようになりたいのに、ショパンを弾いてみたいなんて見栄を張る必要もありません

体験レッスンを受けて、断ってもいいんです 「他の教室も見てから決めます」と笑顔で答えてください、大人なんですから 入会しても、いつでも辞めていいんです 「仕事が忙しくなって辞めます」と建前の言葉でいいんです、先生も十分察しています 大切なことは、無断欠席、音信不通だけはしないこと、互いに立派な大人なんですから

大手の教室の場合、受付の方も他の先生も貴方の振る舞いをじっと観察しています 教室内のどの先生が貴方の担当となるかは、貴方が帰ってから会議で手を上げた先生だと思います 個人の先生の場合は、断られる場合があると思ってください 

私は引越した際、ある個人の先生がイイナと思って体験レッスンに行ったのですが、「ご希望の曜日はご期待に応じられません」と大人の回答をされたことがあります 私自身もこの先生は合わないかなと直感的に思っていたので、「残念です、他の教室を探してみます」と淡々と帰宅しました

ピアノの先生が「私の生徒さん」として貴方をぜひ教えたいと思っていただけることが重要です そう思っていただけたなら、最高のピアノライフが待っています ということで、礼儀だけは終始徹底を

コメント

タイトルとURLをコピーしました